Webシステム開発の工程とは

Webシステムやソフトウェアを開発する際の工程では、最初が肝心です。自社で開発する場合も外部に委託する場合も、あるいは受注して下請けの協力を得る場合でも、最初に要件をある程度枠組みとして捉えておくことが大切です。どのようなシステムにも目的があり、目的に応じた予算があり、予算に応じた開発体制が存在します。開発をスタートする前にあらかじめそれらをしっかりと把握し、実際に開発をスタートさせた際は細かい要件定義を行うことになります。

要件定義は作成するシステムを機能的な部分に区切って言葉で表したものです。開発を依頼する側があらかじめ用意していることもありますが、それでも改めて受注側も参加して練り直すことが通例です。開発側がなんらかのソフトウェアパッケージを応用する場合、それと必要要件の照らし合わせも行います。その後、実開発を経てテストローンチ、バグ検証を行って実装されるという流れになります。

実際の作り込みは理路整然としたものであることが多く、最初の取り決めですべてが決まってしまうといっても過言ではありません。発注した際は、最後の検証部分も重要です。テストを経て受領するという工程はしっかりと記録され、受注側の開発完了を示す部分になります。